静岡県浜松市 住宅の外壁塗装からマンション大規模修繕まで

株式会社 アヅマ

採用情報採用情報スタッフブログ

無料相談・お見積もりTEL: 053-438-3211お問い合わせフォーム

スタッフのひとりごとブログ

塗り替えリフォームの価格について

先日 見積り依頼を頂いてお客様のお宅にお伺いした時のこと・・・

「お宅だけじゃなくて他にも見積り取っているから」 とお客様。

「どうぞどうぞ。うちは大歓迎です。その方が良いと思いますよ」

数社見積りをとって頂き、内容を比べて頂いた方が
私たちの見積りの良さも分かって頂けるというもの。




ということで私たちも見積書を作成して提出に行ったのですが・・・・

「他に3社に見積りをお願いしたんだけど皆価格が違うからどうしたものか?」
と困った表情のお客様。

いろいろお話を伺ってみると・・・・

1社は豊橋に支店があるらしい訪問販売業者とのこと。


当社の見積りの倍くらいの見積りを提出しているようなので

想像ですが250万円ほどの見積りのようです。

ちなみに当社の見積りは120万円でした。(屋根・外壁塗装です。)


その業者は、
「近くで工事してるので足場代をタダにします」

「通りに面したお宅なので看板シートを付けさせてもらえれば
広告費としてまけさせてもらいます」

と言って50万円値引きすると言ってきたらしい・・・・。

・・・・・・ん?はて・・・・どこかで聞いたセリフ・・・・
はっ・・・これは、10年くらい前に流行った悪徳リフォーム業者のセリフっっっ。

お客様にその業者さんは気を付けた方がいいかもしれないと伝えようか迷っている
と「この業者は高いし、地元業者じゃないから頼まないけど・・・・」っておっしゃっていた
のでそっとしておきました。その業者さんのことを知らないので悪口は言いたくない
ですしね。

しっかし、足場代タダとか50万円の値引きなんて初めからそれだけの利益を見込んで
いるならともかく、工事費をそこまで値引きすることは実際不可能ですから。

もし、このブログを読んでいる方で、こういうケースがあった場合は、慎重に見積りの
中身について業者さんに質問しましょうね。

もう1社は地元にある 職人直営の自社職人による施工が自慢の

塗り替え専門店 だそうです。


ふむふむ。こちらは良さそうです。価格は当社より少し高いようです。130万位か?
内容を比べて頂いて当社の良さをアピールしなければ・・・・と思っていたら

15年保証のオリジナル塗料を使うとのこと

んんん?職人直営の会社でオリジナル塗料?

塗料の研究開発にはそれなりの時間と莫大なお金が掛かります。大手の塗料メーカーでも
専門の開発部門を持って日夜開発に奔走しているというのに・・・・

大手塗料メーカーの担当者に聞いてみても、本当ならスゴイが大体は3流メーカーの
OEM品が多いらしいです。

しかも、聞けばどうやら創業して10年も経っていないらしい・・・

経営年数より長い保証書って意味あるのか? ←心の声ですよ(笑)

私たちの常識でいえば あまり長い保証書は意味がないんです
この業者さんは自分たちの意気込みを表そうとしているのだろうと思いますが・・・

塗装というのは塗ってしまえばあとは自然界の影響を受けて経年劣化していくもの
ですから。経年劣化はそれぞれ異なって当たり前なんです。それを保証することは
難しいですよね。

長い保証書を出すことが重要なのではなくて、施工後に長くフォローやメンテナンスが
出来る
ことが重要なのだと考えます。


しかし、この業者さんは、分厚い報告書や何種類かの見積りを出されているようで
お客様も気になっているようでした。

報告書などの資料は見せて頂けなかったですが、なるほど勉強になります。

しかし、最近の職人さんはパソコンを使いこなしたりして営業職顔負けなんですね。

私なんかが修行している時なんかは塗装道具の使い方を覚えるのに必死で夜は
疲れて倒れるように寝てしまっていたもんです。

私も負けないようにもっとパソコンを覚えなければ・・・
(気づきました?今日のブログがカラフルなこと。教えてもらいました 笑)

やはり、お客様が分かりやすい資料を提出するということは大切だと思います。


最後の1社も  地元の職人さんとのこと。


こちらの業者さんはチラシが入っていたので頼んだらしいです。

チラシってやっぱり効果あるんですね。勉強になります。

ただ、見積書は詳細ではないらしく、どの塗料メーカーのなんていう塗料を
どこに塗るのか良く分からない 


ただ、見積り価格は一番安いとのこと。おそらく80万円位か?

塗装工事(塗り替え)の見積書は主に

①建物の素材・傷み具合を確認して
→素材や傷み具合によって塗装する工程や塗料が変わります。

②塗る面積や数量を確認して
→使用する塗料の量は塗る面積によって変わるため使用量を計算します。

③仕上がりのイメージや希望の耐用年数などのお客様のご要望を確認して
→色やテクスチャー、艶感、どの程度長持ちさせたいかなどによって使用する
 塗料を選んでいきます。

④工事を行うにあたって掛かる経費などを計算して
→こちらは業者さんによって変わると思いますが、作業車や燃料費、事務費など
 目に見えにくいですが必ず必要となる経費です。

といったことを考えて作成されるはずです。

おおざっぱな見積りを作成する方法を逆に教えてほしいくらいですが 
←心の声です(笑)



見積書をおおざっぱに作って心配にならないのかな?予算が足りなくなったら
どうするのでしょう?と心配してしまいます。


何だか長くなってしまいましたが、これでは確かにお客様は業者選びに時間が掛かるし
悩むだろうなと思いました。


もちろん、私たちにどーんとお任せください!!と言いたいのですが


ちょっとアドバイスです。


塗り替え工事は結局なところ、

①どんな塗料を選択して
現状の傷み具合や素材などにあったものを選択できることが大切。

②誰が塗るかが大切
→塗るのは実際に現場に入る職人さんです。営業や親方さんがどんなにいいことを
 言っても現場の職人さんがどう塗ったかが耐久性を決めるのです。

 自社職人だから下請けさんだからとか予算があるからないからとかではなくどう塗った
 かです。


 私も修行時代によく親方に言われました。
 「いい職人というのはどんな時も
良い仕事をするもんだ。元請けだから下請けだから、
 予算があるから予算が
無いからと仕事の質が変わってしまうのは商売人で
 職人とは思わない。」



親方、懐かしいです。。。元気かな・・・



ながーい、「ひとりごと」でした(笑)


とむ


浜松市近郊で住まいの塗り替えリフォームをお考えの方は

 

私たち 株式会社 アヅマ へお任せください。

 

 

新たな価値を
創造するリノベーション工事は 「アヅマのリノベ。」で!!

http://www.azuma-net.co.jp

2015年1月22日|19:38

謹賀新年

皆様 あけましておめでとうございます。



旧年中は大変お世話になり心より感謝申し上げます。
本年も変らぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。





さて、本日よりアヅマも業務再開です。



個人的な話ですが、
昨年は初めての子供が生まれて私も人の親となりましたが
子供の世話や相手をしていると、こんなにも自分が人として未熟なのかと
気が付かされました。


初めて親の気持ちが分かったような・・・
こんなに苦労して育ててくれたのかと改めて感謝しています。<(_ _*)> アリガト


まぁ、恥ずかしいので口に出しては伝えていませんが・・・・(照)



今年は子供にまっすぐ向き合い
私自身も生まれ変わった気で一から勉強しなおしながら
子供と自分を育てていきたいと思います。




さてさて、本日の現場「アーバンライフ曳馬Ⅰ大規模修繕工事」ですが、
休み中、少しでも居住者のストレス軽減になればと
たたんでいましたベランダ側のメッシュシートの復旧から作業スタートです。


P1010476.JPGのサムネイル画像


今回の大規模修繕工事では
タイルの浮き部の補修に既製品の類似タイルを使用することになっておりましたので
出来るだけ張り替え後に目立つことがないように時間を掛けて探していたこともあり
少し工期が遅れており本日より外壁の塗装工事に入りました。


タイルの張り替えについてはまた後日。。。

さあて、今年も頑張っていい仕事するぞおー (๑˃̵ᴗ˂̵)و


とむ


浜松市近郊で住まいの塗り替えリフォームをお考えの方は

 

私たち 株式会社 アヅマ へお任せください。

 

 

新たな価値を
創造するリノベーション工事は 「アヅマのリノベ。」で!!

http://www.azuma-net.co.jp

2015年1月 5日|22:24

写真