中日ショッパー連載 第4回/全6回

イベント・お知らせ くらし楽しむコラム

053-438-3211

無料お見積り・資料請求・お問い合わせはこちら

COLUMN

セミナー情報

2017.11.30

中日ショッパー連載 第4回/全6回

塗り替えリフォームに欠かせない塗料。どれも同じと思っていませんか?

元気のヒント第4回-01

 

家の塗り替えを中心としたハウスメンテナンスを行う際のさまざまな注意点について今回も、塗装のプロとして分かりやすくアドバイスしていきます。

前回は塗装の時に下地補修は必要か?について記事を書きましたが、今回はいよいよ塗り替えリフォームの主役とも言える「塗料」について勉強していきましょう。

第4回の掲載記事はコチラ(PDF)(クリックで記事を表示)

以下は記事を起こしています。

 

樹脂のタイプによって異なる外壁用塗料

塗料の種類

塗り替えリフォームと言えば塗料の存在は欠かせません。

外壁を美しく彩るのはもちろん、紫外線や酸性雨などの影響から守ってくれる役割も果たしてくれます。

その塗料は様々な樹脂からできていて、その種類によって性質や耐久性が異なります。

主なもの挙げると「アクリル塗料」「ウレタン塗料」「シリコン塗料」「フッ素塗料」「無機系塗料」など。

下記表は種類別の塗料の特徴などを表したもので、一般的に耐久性優れた塗料ほど高価になりますが塗替えサイクルも長くなります。

 

<塗料の価格別耐久年数比較表〉

高価

価格

安価

無機系塗料
フッ素塗料
シリコン塗料
ウレタン塗料
アクリル塗料
耐用年数 5年~7年 7年~10年 10年~15年 15年~20年 20年~
〈塗り替えサインがでるまでの期間〉

※上記は期待耐用年数です。また、家の立地条件や外壁の素材などによってことなります。

 

しかし、この表を見て注意しなくてはならないのは、同じ種類の塗料でも品質にばらつきがあるということです。

樹脂の含有量や機能性の有無の違い、水性タイプや溶剤系タイプなどの違いもあり、塗料の種類と品質はイコールではないことを理解しておくことが必要です。

「一般の方が塗料を比較するのは難しいと思いますが、見積書に工事に使用する塗料メーカーや商品名が記載されているかをまず確認し、

少なくともその塗料メーカーが有名メーカーのものかどうかくらいは確認したいですね。

 

そして見積書の内容説明を受ける段階で、業者に塗料の種類や耐久性、選んだ理由などを確認することがオススメです。

 

 

失敗しない塗料選びは、業者選びも大切なポイント!

塗装業者選びも大切です

上記の説明のとおり、一般の人でも塗料の種類については見積書を通じて知ることが出来ますが、

さらに細かい部分まではなかなかわかりにくいのが現状です。

そのため、塗料で失敗しないためには信頼できる業者選びがとても大切なポイントになります。

 

下地や環境によっても相性の良い塗料があるほか、お客様の将来的なビジョンをもとにした塗料選びも求められます。

良い業者は一方的な提案ではなく、住む人の立場から適切な提案をしてくれます。

ちなみに当社では、塗料メーカーのPRに惑わされることなく、日ごろの工事実績に合わせて適切な塗料を選ぶことを心がけています。

そのため価格が高いだけの塗料を選ぶということはありません。

 

塗り替えをする際は是非、塗料についても少し知識をもつことによって塗り替えリフォームの満足度が高まると思います。

当社ではそんな塗料の知識も含め、塗り替えをしたいお客様を応援するセミナー「塗り替えを楽しむための無料セミナー」を定期的に開催しています。

 

是非興味のある方はお電話[053-438-3211]またはお問い合わせフォームからご連絡ください。

 

 

 

 

株式会社アヅマ
〒433-8101 静岡県浜松市北区三幸町251 番地
TEL / 053-438-3211 FAX / 053-438-0330
雨漏り、外壁塗装、インテリアペイントなど、住まいのことなら
静岡県浜松市の株式会社アヅマへお任せください

対応地域

【 静岡県 】
浜松市(中区/東区/西区/南区/北区/浜北区)
磐田市/袋井市/掛川市/菊川市/牧之原市/静岡市/焼津市
藤枝市/島田市/湖西市/森町/御前崎市/富士宮市/富士市
【 愛知県 】
豊橋市/豊川市/新城市/岡崎市/豊田市