静岡県浜松市 住宅の外壁塗装からマンション大規模修繕まで

株式会社 アヅマ

採用情報採用情報スタッフブログ

無料相談・お見積もりTEL: 053-438-3211お問い合わせフォーム

スタッフのひとりごとブログ

サイディングの補修について

現在 浜松市北区にて施工させていただいているN様邸塗り替えリフォーム工事。


既存の窯業系サイディングが反ってしまっていたり、ひびが入っていたりして
いましたので、塗装前に補修を行いました。


サイディングの反りの原因はサイディングの厚みが12mmと薄いこと、色が濃い目
なので熱の影響を受けやすかったこと、また、シーリング材がかなり劣化していたので
目地からの湿気による影響などが考えられます。


反ってしまったサイディングは塗装をしても元には戻りませんので、反りがひどい場合は
張り替えをおすすめするのですが、そうなると費用が結構掛かってしまいますので、
補修で済ませることも多いのが現状です。


反って浮いてしまっている個所については大工さんにビスで固定してもらいました。

12mmのサイディングは釘打ちで止めてある場合が多いですが、釘では反って
浮いてしまったサイディングを止めるのは困難なのでステンレス製のビスで固定します。

P1010652.JPG
足場を掛けて家全体を調べてみると、見た目では分かりにくかったのですが、
結構浮いておりました。

全体をチェックして固定しましたのでご安心ください  ∑d(d′∀`*)グッ!



サイディングのひび割れ補修には、弾性のエポキシ樹脂を注入しました。


注入といってもコンクリートへの注入に使用しているようなものではなく
注入工法とシール工法の間のような工法です。



ひび割れ発見!!

P1010839.JPG
専用の器具に弾性エポキシ樹脂が入った専用材を付けて
圧入するようにひび割れに沿って埋めていきます。

P1010840.JPG最後に、はみ出た余分な材料をふき取って完了です。

P1010842.JPG
こちらの弾性エポキシ樹脂は塗装後の汚染の心配の少ないノンブリードタイプですので
安心です。

また、通常のシーリング材を使用するのと違って、厚み不足による硬化不良や厚く付けた
ことによって補修跡が目立ってしまうということもありません。



大きく割れてしまっている場合には、張り替えをお勧めいたしますが、表面のひび割れの
補修には気に入って使っています。



こうした塗ってしまえば隠れてしまったり、見えにくくなってしまう部分こそきちんと補修する
ことが永く美しく建物を保つポイントであり「アヅマの塗り替えリフォーム」なのです。




とむ


浜松市近郊で住まいの塗り替えリフォームをお考えの方は

 

私たち 株式会社 アヅマ へお任せください。

 

 

新たな価値を創造するリノベーション工事は 「アヅマのリノベ。」で!!

http://www.azuma-net.co

2014年4月30日|12:16

写真

Archive